Language
flagflag
ユーザーメニュー
SC2関連グッズ

今後の予定
予定なし 予定表 
#sc2jp
アクセスカウンター
UU:
PV:
トップ  >  StarCraft2  >  StarCraftの設定  >  Zergの歴史と設定

Zerg ザーグ

―貪欲な究極生命体―



◇誕生

アイアーでの成功を経て、ゼル・ナーガは惑星ゼラスに辿り着きます。
ゼラスの昆虫型種族"ザーグ"を対象として、彼らは再び生命体の創造実験を行い、操作を施していきました。
元々寄生生命体であったザーグは急速な進化を遂げていきます。
他の生物から栄養を掠め取るレベルであったザーグはやがて、宿主と同化するようになります。
これによって宿主の能力をそのまま自らのものとして取り込み、同化結合を繰り返していきます。
さらに、ザーグは遺伝的な生物の化学的遺伝情報について理解し、これを操ることもできるようになり、次々と新たな能力を獲得していったのです。
こうして驚異的な肉体能力と異常とも言える繁殖能力、異種同化能力と遺伝情報改造能力を得たザーグは、驚異的な進化を遂げていきます。
空を飛ぶためには飛行能力のある種族と同化。種として頂点に立つために、あらゆる種族から有益な情報だけを次々とプールし、新たな変異種を生み出していきました。



◇知性

ゼラス上空でこの様を眺めていたゼル・ナーガは危険を感じ、彼らの制御を図ります。
こうして生み出されたのが知性と集団意識を統一した象徴的存在、"オーバーマインド"です。
これによってザーグは少しずつ知性を獲得していき、"ザーグ総群(スウォーム)"と呼ばれる社会体制が確立されます。
ザーグは固有の一種によってたつのではなく、複数の変異種からなるザーグ生物の総称として存在しています。
スウォームは一個の生物のような組織であり、人体の器官や各組織のように多数の変異種があるのです。
脳にあたるのがオーバーマインドや"ザーグ思考体(セレブレート)"であり、支配機能を形成しています。
各セレブレートはブルード(種群)を支配しており、「営巣地(ハイブ)の防衛」「新種の探索」「戦士の生産」「無差別殺戮」などの役割を分担させています。
各営巣地単位の管理はオーバーロードやクイーンといった生物が行い、支配種からの指令を伝えます。
全てのザーグ生物は支配種生物に絶対服従しており、自我を持たない一般生物の思考はオーバーマインドやセレブレートに委ねられています。
こうしてザーグはゼラスにおいて独自の発展を遂げていきました。



◇蹂躙

ゼラスを支配したザーグは、更なる繁栄のため、ついに宇宙航行能力までも身につけます。
自らの能力を強化していった彼らは、ついに創造主であるゼル・ナーガまでもを取り込み、その遺伝子情報を獲得します。
種族創造の知識、品種改良の情報、優れた洞察力、そして"カイダリン・クリスタル"の秘密とその利用法。
オーバーマインドは、ゼル・ナーガの記憶から、ザーグ同様彼らに生み出された種族が存在することを知ります。
超高度知的生命体、プロトス。宇宙で最も優秀な種族と同化することで、ザーグは完全な生物になると、オーバーマインドは考えました。
プロトスこそが、最終的に同化すべき偉大な種であるとして、野望と深い尊敬の念を抱いたのです。
優美で強力なプロトスと醜悪で残酷なザーグ。完全生物への飽くなき挑戦が、運命的な対立を引き起こしたのです。
アイアーの探索を進めながら、同時にオーバーマインドはプロトスの強力なサイオニックパワーを恐れていました。
しかし、ザーグの夢の実現のため、幾多の種族を蹂躙し、数多の能力を獲得しながら、精力的な探索と侵攻が進められたのです。



◇侵食

あるとき、オーバーマインドの放った偵察隊は、極めて重大な発見を持ち帰ります。
テラン人類の発見です。極めて脆弱な種族である人類は、しかし驚くべきことにわずかながらのサイオニックパワーを秘めていたのです。
この潜在的能力を開発し、同化することが出来れば、プロトスに勝つことが出来る。
ザーグは急遽進路をコプルル星域に変え、侵攻を開始します。
テラン人類の発見から60年後、スウォームの先発隊がコプルル星域に到着し、偵察が進められました。
星域一体に広がった植民地はそれなりに発展しており、オーバーマインドは防御の手薄な辺境の惑星から侵略を進めていくことにしました。
チャウ・サラ、マー・サラ、ブロンテス、ダイラーIVなど、いくつものテラン入植地に密かにザーグの営巣地が作られ、侵食が進んでいきました。



◇愉悦

ザーグによるコプルル侵略は静かに、しかし着実に進められていました。
この時点で大規模の営巣地が構築されていたチャウ・サラではその一部が発見され、人類に排除されるといったことも起こっていました。
しかし、その程度のことはザーグにとってさしたる問題ではありませんでした。
チャウ・サラは既にその大部分がスウォームの手中にあり、多少排除されたところでまた新しく生み出されるのです。
ところが、ザーグの夢を阻止するため、プロトスの大艦隊が出現します。
人類の居住地ごとザーグの営巣地をプロトスの艦隊が焼き払うのを見ながら、オーバーマインドは楽しんでいました。
そして、少しの間様子を見るのも良いかもしれないと考えました。
――今はまだ真の対決には早すぎる。いずれそのときは来るであろう。
偉大なるプロトスと、ひ弱な人類は、次は一体何をしてくるのであろうか。



◇夢想

そして、ザーグの夢が銀河に戦乱の渦を巻き起こします。
2499年12月8日。全てはチャウ・サラから始まったのです。



前
Terranの歴史と設定
カテゴリートップ
StarCraftの設定
次
Protossの歴史と設定

サイト協賛
お勧め製品

オンライン
69 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 69

もっと...